家庭

●ご主人の酒癖で家計が
今は奥様が強い時代なのでこんなことは少なくなりましたが、深刻な問題です。
@西南の方位を使い引っ越します。
この場合奥様とご主人両方に吉でないと効果がありません。
A本命星の関係で両方の吉は難しい場合、別の方法で吉方を見出します。
Bお引越し以外の方法もあります。
Cまた改善すべき要因がある場合もあります。
要因を検証する必要があります。
ABCの場合別途にご相談ください。
●子供の非行を直したい。
これにも西南の方位が有効です。
この場合あくまで世帯主であるご主人の吉方を主体に考えます。
お子様は月命で月盤の吉方を探します。(月命とは生月の九宮です)
また改善すべき要因がある場合もあります。
更に大事に至らないうちに要因を検証する必要があります。
この場合、要因によっては方位だけではなく、家相その他根本を解決する必要がある場合もあります。
ご長男が成人を待たずして亡くなる。要因は親にあります。
詳しくは別途にご相談ください。
●ご主人と別れて精算したい。
これには南の方位を使います。
あなたにとって南が吉であり、ご主人にとってなるべく吉でない方がいいです。逆の場合も同じです。
ただし本当に悪い関係でなければ別の作用が出る場合もあります。たいがい南の離の作用が優先します。
この場合必ずいっしょに連れ立って出かける必要があります。
現地で落ち合ったら意味がありません。
逆に南に親しい方とお出かけになる場合、一緒に行かず現地で待ち合わせれば離の作用は軽減します。
逆に交わりを深くしたい場合北の方位が有効です。
●家庭運を良くするには家相を重視してください。
吉方に御引越になることで家庭運を変えられます。
悪い家相は緩和できます。

[TOP]
九星気学入門A4判早見表、図解付き。\2500