ご商売事業

←前次→
戻る

B出張など長距離の移動を行なうとき。
必ず月、日、時間の盤を合わせて吉方位を使ってください。
総て同じ盤でなくてかまいません、五大凶方位を避け、相星の回る方角であれば問題ありません。(例えば九紫の方が月:三碧、日:八白、時:七赤で北が吉になります、但しその方角の十二支の対冲にご注意ください。)
方法1.吉方位の仕事から順に片付けて行く。
最初にご自宅から、吉になる方位にある出張先に行きます。
戻らずに最初の出張先から次の吉でない出張先に行きます。
二軒目の方位はきわめて薄くなります。
(但し、一軒目と二軒目の、泊り、滞在時間、距離の条件は考慮します) 方法2.除けて行く。
吉方位でない場合は吉方位に除けて行きます。そこから直接出張先に行きます。
除ける時間は出張の規模によって、30分、2時間、一泊となります。
必ずしもこれが出来ない場合があります。
でも方位の取り方はいろいろ奥の手があります。別途ご相談ください。
また運気転換の為に方位を取られる場合も、吉方であれば良いということではありません。必要性、事業の現状とあわせて考える必要があります。

←前次→
戻る

[TOP]
九星気学入門A4判早見表、図解付き。\2500