携帯スマホ・モバイルはこちら
九星気学 易 方位 家相  江庭俊之
悪い家相は吉方のお砂を使うことで改善します
  気学、家相の解説は電子書籍を
  ダウンロードしてください。

気学の方位の使い方を解説した電子書籍。
  九星気学入門  


○ご自身で方位が算出できるマニュアルです。

○方位の行動の取り方を解説しています。

○ご自身でおおよその家相が判断できます。

○演習問題付きで、実践の確認ができます。
TOPへ

引越し

お引越しの方位

お引越しは大極を移動します。
お引越しの方位は人生、事業に大きく影響します。

@気学でお引越しは、年盤、月盤、時盤を揃えて吉方で引っ越します。
 これが出来なくても他の方法が可能な場合もあります。別途にご相談ください。
注1)お引越しは、内覧などその物件に最初に足を踏み入れた時から方位が発生しています。
注2)引っ越し日は、始めてそこに住む日で、年盤、月盤、時盤を揃えて吉方である必要があります。
 最初に足を踏み入れた日、始めてそこに住む日の両方を吉にする必要があります。
注3)お引越しは方位だけ吉にしても、吉にはなりません。引越し先の家相が悪ければ災いします。家相は方位よりも重く、いつまでも災いします。
詳しくは
家相のページをご参照下さい。

A今住んでる家が引っ越した時、吉方でなかったと後日解った場合。
 この場合引っ越す方法と、一時大極を移して(60日以上)、そこから吉方に成る時戻る方法があります。

B方位を選択する。
・引っ越すのにいくつかの吉方位がある。
(1)各方位の作用で考える。
(2)易で成り行きをみる。
C事業主である。
ご商売事業者向けのページをご参照下さい。
Dその他
・何か障害がある場合。
・家族全員が吉になる方位がない。
別途にご相談ください。
墓相

運命の安定、衰退は、次の順にその作用に対する影響力の強さがあります。
1.お墓
2.家相
3.方位

以下の条件を確認してください。
@どの方角を向いているか。
真東から真南の間の45度を向いているのが吉相です。
A天地人の造りであるか。
B平地にあるか。
山の上、中腹に存在するは良くありません。
Cもしご自身で建てられたのなら、そのときご自宅から吉方であったか。
D樹木が生えたりしてないか。
E区画割されているか。
F高い塀など建ててないか。
G正しくご先祖が祀られているか。
祀らなければならない先祖が抜けてないか、
同じ墓地に入れてはならない先祖を入れてないか。
兄弟を一緒に祀ってないか。
離婚してない夫婦を別々のお墓に祀ってないか。
出戻った先祖を一緒に祀ってないか。

墓相が悪いときは吉方に移転します。
移転には古い墓石の除霊が必要です。
そして新規の墓地に五輪塔(供養塔)を建てます。

 先祖供養の問題で運命が開かない。
 何を努力しても運命が開かない。
 四十を過ぎて急に運命が瓦解した。こんな方はいらっしゃいませんか。
 それではあなたは長男ですか。長男の居ない長女ですか。
 あなたの親の先祖供養が放置または不十分、正しくないことで運命が開かない。と言うことです。
 親が何らかの理由で先祖供養を放棄している。
 親に要求しても、聞いてくれない。自身の先祖供養が悪くても本人はなんとも無い。淡々と問題なく暮らしているのです。
 どうしても子供が先に犠牲になります。
 生命の危険もあります。
 これは親と同居しないことで逃れられます。ですが運命の低迷、疲弊は逃れません。
 一代で事業に成功した人も倒産に追い込まれます。その後どんなに努力しても立ち上がれません。
 勤めても良い仕事には就けません。
 生活保護に追い込まれる場合もあります。
 方位の効果も殆ど出ません。小さいことはどうにか方位で一時解決しますが、抜本的に運命が人並みに成る事はありません。
 お墓を建ててない。一部の先祖しか祀ってない。お墓を立派にしすぎたなども有ります。兄弟を一緒に祀っている。なども原因です。
 どんなに有能な方でもこの運命には勝てません。
 一代で築いた社長でも、倒産または会社を他人に取られたりします。
 どんなに立ち上がろうとしても総て裏目に出ます。
 子供が犠牲に成ってしまうまで親はやや安泰です。
 子供が全部犠牲になってしまえば次は本人に出ます。
 親と一緒に生活しなければ親と子の運命は上皿天秤の状態です。
 長男が自分の手でお墓を直したくても、建てたくても出来ません。
 親に交渉しても応じない場合が多いです。
 夫が浮気して亡くなり、実質離婚した母が長男を連れてその家系のまま暮らしていて、元の夫やその家系の先祖供養を放棄しているなどがあります。
 親が養子で家系の親戚から遺産相続を放棄させられた。そこにいろんな事情があります。法律の通りに行かないことは人の運命に多々あります。
 それで親は先祖供養をしません。恨みがあるからです。
 でもその姓を名乗っている以上その報いは長男、または長女に出ます。

 親の先祖供養が悪くて子に出るそんな理不尽なと思われると思います。
 もっと歴史的な例があります。
 弘法大師、空海に反旗して子供八人を亡くした衛門三郎。たしかに衛門三郎も苦しみましたが、子供はまったく理不尽な犠牲者です。
 でもこれが自然の裁きなのです。
 親と住まない。でも運命の疲弊はどうにも成りません。
 では、親が先祖供養しないから自分がやろう。これが中々出来ないのです。
 まず。先立つものがありません。
 有っても何らかの障害がありそこに行きません。
 ならばその家系から出よう。これも儘なりません。長女の場合なら結婚と思いますが、何か障壁があって出来ないのです。
 家系を正しく供養しない限り正常には成り立ちません。ここが難しいです。
 長男が若くして廃人同然。次男にこの運命が出る場合もあります。
 この場合も運命は押えられますが、長男よりまだ何とかなるようです。
 子供が犠牲に成ってしまうまで親はやや安泰です。
 子供が全部犠牲になってしまえば次は本人に出ます。
 親と一緒に生活しなければ親と子の運命は上皿天秤の状態です。
 親をいくら説得してもどうにも埒は明きません。
 これまでこの状況で親と和解した例はありません。
 離れれば究極の危険はなくなります。
 離れなければ長男または長女に先に危険が出ます。

 世間の他の人は先祖供養などしないのに淡々と優雅にやっている。そう思うはずです。実際にその通りです。十年一日の如く安泰なのです。  家系が昔から代々きちんと正しく先祖供養をしている家はご自身の代に成るまで何もしなくても安泰です。
 そういう家系の次男三男も安泰です。
 そうでなくても長男以外は概ね安泰です。

 このような状況で自然の邪魔は良く出ます。
 方位の結果も裏切ります。(成功していても逆転されます)
 でもそれは総てではありません。何回かに一回は成功するのです。
 親と離れれば完全に消えませんが、軽微に成ります。究極の危険からは一応逃れます。
 とことん闘うしかありません。
 運命に従えばまずご自身が親の犠牲になり、やがて親も自然の罰を受けます。
 その前に自分を護るしかありません。

 お墓を建てるにも難しい。お金だけでは有りません。
 まずご自宅でやりましょう。
 ○○家先祖代々の霊位とお位牌を立てます。
 祀らなければ成らない先祖だけ個々のお位牌を立てます。
 その費用さえも無ければ紙に書いて半紙に包み御札立てに立てます。
 毎日どの宗派でも御経を繰り返し上げてください。  蝋燭は小さいものを出来たら一回で使い切ってください。
 お線香、お水、お花、お供えも必要です。
 宗派などまったく関係ありません。
 そして建ててもお墓は質素でよいのです。
 正しい供養が出来ればそれで問題はありません。
 祀らなければ成らないご先祖を外さない。
 祀っては成らないご先祖を祀らない。
 最初に分家となったご先祖から必ず縦の関係で祀ります。
 長男、また長男と繋いでゆきます。
 次男はそこから分家です。
 出戻った女性を一緒に祀ってはいけません。
 正しく出来ないといつまでも逃れません。

 普通の人、さらに今の立場の良い人が方位を取っても全部は成功しません。ただ成功するときの差は雲泥の差です。
 人並みに成るにはかなり苦難の道が延々と続きます。
 何度も裏切られても僅かに救われる道はあるのです。そこを針の穴を潜るように通り抜け続けるしかありません。
 頑張れば必ず何処かに逃れる道はあります。

ご相談・お問い合わせ
家庭

●ご主人の酒癖で家計が
今は奥様が強い時代なのでこんなことは少なくなりましたが、深刻な問題です。
@西南の方位を使い引っ越します。
この場合奥様とご主人両方に吉でないと効果がありません。
A本命星の関係で両方の吉は難しい場合、別の方法で吉方を見出します。
Bお引越し以外の方法もあります。
Cまた改善すべき要因がある場合もあります。
要因を検証する必要があります。
ABCの場合別途にご相談ください。
●子供の非行を直したい。
これにも西南の方位が有効です。
この場合あくまで世帯主であるご主人の吉方を主体に考えます。
お子様は月命で月盤の吉方を探します。(月命とは生月の九宮です)
また改善すべき要因がある場合もあります。
更に大事に至らないうちに要因を検証する必要があります。
この場合、要因によっては方位だけではなく、家相その他根本を解決する必要がある場合もあります。
ご長男が成人を待たずして亡くなる。要因は親にあります。
詳しくは別途にご相談ください。
●ご主人と別れて精算したい。
これには南の方位を使います。
あなたにとって南が吉であり、ご主人にとってなるべく吉でない方がいいです。逆の場合も同じです。
ただし本当に悪い関係でなければ別の作用が出る場合もあります。たいがい南の離の作用が優先します。
この場合必ずいっしょに連れ立って出かける必要があります。
現地で落ち合ったら意味がありません。
逆に南に親しい方とお出かけになる場合、一緒に行かず現地で待ち合わせれば離の作用は軽減します。
逆に交わりを深くしたい場合北の方位が有効です。
●家庭運を良くするには家相を重視してください。
吉方に御引越になることで家庭運を変えられます。
悪い家相は緩和できます。


TOP ページTOP 気学の方位の使い方を解説した電子書籍。気学入門